『「楽しく、笑って過ごせる生活」を一緒に考えていきたい』

飯澤さんに迫る!

この業界に関わって何年くらいになりますか?

約4年になります。信州老人ホーム紹介センターでは1年半になります。

 

肩書きが“シニアライフアドバイザー”となっていますが、これはどういったものなのですか?

この“シニアライフアドバイザー”というのは自分が作りました。ご利用者様にこれからの生活でも「楽しく、笑って」過ごしてもらえるよう、いろいろと考え、行動させていただいています。

 

具体的にはどんなことをされているのですか?

ご利用していただけるサービスの提案や、見学の同行をさせていただいております。また、紹介センターには関係ありませんが、その他生活面でのお話やサポートなどもしております。生活での困り事の相談を受けることも多いですね。

 

これまで何名くらいの方とお話をしてきたのですか?

累計で約100組くらいですね。今年に入ってからは40組ほどご相談していただいています。

 

多くの相談者様がいるんですね。

そうなんですよ。でも、全員が有料老人ホームにご入居されるわけではないんです。

 

それはどういうことなんですか?

ご相談いただいて、お話を聞いていくと、「この方は老人ホームではないほうがこれからの生活を楽しめるだろう」と思うことがあります。そういった場合は無理に老人ホームをご紹介させていただかずにそのほかのサービスを提案させていただいたりもします。

普段3

そのほかのサービスというのはどんなものがあるんですか?

たくさんありますよ。訪問型のサービスであったり、通所であったり・・・。その中にもたくさんの区分があって結構ややこしいです。

 

そんなにややこしいと自分が何を利用していいのかわからなくなりますね。

そうなんですよね。実際今の介護サービスはご本人のみでは選択しづらい状態になっています。自分には何が適していて、何を利用すれば楽しく過ごせるのか、そういったことがわかりづらくなってしまっています。なので私がご利用者様とお話しさせていただき、その方に適した物をご提案させていただいております。

 

そんなに手厚くサポートしていると結構大変ではありませんか?

そうですね(笑)実際とても大変です。それでも利用者様が笑顔になって「ありがとう」と言ってもらえるだけで、がんばってよかったと思えます。むしろそのためにやっていますね。

 

これからこういったサービスを利用していく方に伝えたいことなどはありますか?

ご自分の思いを大切にしてほしいです。楽しく・笑って過ごしていただきたいのでそういったことも僕に伝えてください。思いに応えられるよう精一杯考えさせていただきます。

私がお伺いさせていただいて、笑って過ごせる日々のご提案をさせていただきます!

普段2

(2017年5月31日 信州老人ホーム紹介センターにて)

飯澤さんに会いに行く